バイトの税金について

0108

バイト探しをして実際にバイトを始めるとなるともらったお金は給与取得という形になります。

そして次の年に今年度中に稼いだお金にかかってくる税金を所得税といいます。学生が一般的にバイトをする場合には、1年間の稼いだバイト代が103万円を超えると所得税が発生しますので覚えておきましょう。

もし103万円を超えてしまうと親の扶養かから抜けてしまいます。そして親に発生する税金も増加してしまいます。この103万円という数字はどこから算出されているのでしょうか。

それは65万円(給与所得控除)、38万円(基礎控除)の合計金額が103万円になります。こちらは学生だろうが、フリーターだろうが全てのアルバイトが受けられてしまう控除になるのです。

このようなことから103万円を超えてしまうと超過分が課税対象になってしまいますので注意するよう必要性があります。これらを例として挙げるともし年間の所得が110万円の場合を考えてみましょう。

税金自体は110万円から103万円を引いて10%をかける金額になりますので7000円となります。税金自体の金額はたいしたことはありませんが、やはり一番に大きいのが親からの扶養を外れてしまうことです。

もし親からの扶養を外れてしまうとことで親の税金額が増加してしまいますので注意が必要になってきます。およそ10万円前後の税金は増加してしまいますので、バイト探しの際にはこのような点も注意するといいでしょう。

関連記事

バイト探しサイトランキング

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

おすすめのバイト探しサイト

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る